整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科・骨粗鬆症外来

06-6396-1374
診療時間
9:00~12:30 13:00
まで
× ×
14:45~18:15 × × × ×
                     
  • ※休診日 水曜午後・土曜午後・日曜・祝日
WEB予約 アクセス

DISEASE DETAILS 疾患一覧

その他の症状

リンパ浮腫(Lymphedema)

リンパ浮腫とは

リンパ管は、体液を体の各部分から集めて心臓に返す働きをもつ細い管状の構造です。

リンパ浮腫とはリンパ輸送能の低下により、組織間隙に高濃度の蛋白性間質液が貯留した状態のことです。浮腫(edema)とはいわゆる「むくみ」のことを指します。

リンパ管の流れが何らかの原因で滞ってしまうと、毛細血管から静脈へ戻れなかった水分が貯留し、リンパ浮腫となります。

リンパ浮腫の原因

リンパの流れを滞らせている原因が明らかな「二次性リンパ浮腫」と、原因が明らかでない「原発性リンパ浮腫」に分類されます。日本で多い原因は、乳がん術後、子宮がん術後のリンパ浮腫です。

①原発性リンパ浮腫:明らかな基礎原因がなく発症するもの

②二次性リンパ浮腫:悪性腫瘍、手術、放射線治療、フィラリア感染、外傷などにより発症するもの

リンパ浮腫の症状

はじめは、皮膚を押すと凹みが一時的にみられるむくみがみられますが、罹病期間が長くなってくると皮膚を押しても凹まなくなってきます。

進行すると皮膚の過角化、リンパ小胞、リンパ漏がみとめられるようになります。

また、局所の細胞性免疫が低下し、患部の蜂窩織炎(皮膚軟部組織の感染症)を発症することがあります。

リンパ浮腫の病気分類は、国際リンパ学会によるステージ分類が普及しています。

Stage3になるほど重症で、圧痕がみられなくなり、アカントーシス(表皮肥厚)、脂肪沈着などの皮膚変化がみられます。

国際リンパ学会によるステージ分類

リンパ浮腫の検査

触診による圧痕の確認や、リンパのう胞、リンパ漏など皮膚の状態を確認します。

隠れた腫瘍、リンパや静脈の流れを阻害するような病気がないか確認する為、CT・MRI検査を行う場合もあります

リンパ浮腫の治療

保存療法には弾性着衣や弾性包帯による圧迫療法やリンパドレナージを行います。

外科治療ではリンパ循環の改善を目的にリンパ管静脈吻合術やリンパ移植術を行います。

参考文献)

・今日の整形外科治療指針. 医学書院.

・むくみの原因とピットフォール 診断と治療社.

先生から一言

整形外科の外来では、あしのむくみで受診される方が時々おられます。
当院では身体診察を行い、リンパ浮腫以外の原因がないかを精査します。

クリニックでは診断・治療が難しい場合は、速やかに大病院へご紹介します。

Information      連絡先

06-6396-1374           

お電話でのご予約はできません。