整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科・骨粗鬆症外来

06-6396-1374
診療時間
9:00~12:30 13:00
まで
× ×
14:45~18:15 × × × ×
                     
  • ※休診日 水曜午後・土曜午後・日曜・祝日
WEB予約 アクセス

DISEASE DETAILS 疾患一覧

股関節の痛み

化膿性股関節炎

化膿性股関節炎とは

股関節に細菌が侵入して起こる重大な感染症です。

感染による炎症は、抵抗力がまだ十分に発達していない幼い赤ちゃんに発生しやすいとされます。

骨が成長する過程で重要な役割を果たす成長軟骨に損傷を与えるリスクがあります。

化膿性股関節炎の原因

股関節を包む袋の内部が細菌に感染して起こります。

感染経路ははっきりしないことが多く、扁桃腺や歯などに潜むブドウ球菌などの細菌がたまたま血管に侵入して股関節に到達するのだと考えられています。

化膿性股関節炎の症状

発熱と股関節の疼痛、股関節の腫脹が見られます。

おむつ替え時に激しい啼泣を認めます。

多くの場合に膿による上昇した関節内圧を下げるため股関節軽度外転・外旋位をとり、自動運動が見られなくなります。

Buxtonらは、乳児期までの発症症例は成績が不良だと報告し、和田らは、発症年齢が低いほど成績が不良であると報告しています。

すなわち、発症年齢が低いほど関節機能の低下が残るリスクが高くなるため、速やかに診断して適切な対応を行うことが重要です。

化膿性股関節炎の検査

38.5℃以上の発熱および股関節痛を認める場合には特に本疾患を疑います。

股関節レントゲン検査を行います。

関節を穿刺し、関節内にたまっている膿を確認して行います

右の大腿骨頭が感染によって溶けてなくなっています

Hip Septic Arthritis – Pediatric – Pediatrics – Orthobullets, ORTHO

化膿性股関節炎の治療

関節穿刺で膿の貯留を確認します。

全身麻酔下に手術で股関節穿刺、もしくは切開排膿を行い、関節内の圧を減圧や細菌を洗い流します。

抗生剤投与も併せて行います。

参考文献)

・Hip Septic Arthritis – Pediatric. ORTHO.

先生から一言

化膿性股関節炎は極めて重大な疾患です。診断が遅れると関節が破壊されて後遺症を残します。

診察時に本疾患を疑った場合は、速やかに大病院にご紹介させていただきます。

Information      連絡先

06-6396-1374           

お電話でのご予約はできません。