整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科・骨粗鬆症外来

06-6396-1374
診療時間
9:00~12:30 13:00
まで
× ×
14:45~18:15 × × × ×
                     
  • ※休診日 水曜午後・土曜午後・日曜・祝日
WEB予約 アクセス

DISEASE DETAILS 疾患一覧

首の痛み

肩こり

肩こりとは

肩こりは首~肩~背中に連なる僧帽筋などの筋肉を中心とし、首や肩周囲の筋群の緊張が続くことによる循環障害(阻血:そけつ といいます)、不快感の症状名です。

頚部、回部の筋肉群は約5~6kgもある頭部を支え、姿勢を肘するため常に筋肉は収縮・緊張した状態にあります。そのためストレッチなどを積極的に行わないと筋肉内の血流が悪くなり、肩こりとして発症することになります。

肩こり・腰痛は非常に患者数の多い疾患です。「2019 年:国民生活基礎調査」では,腰痛は成人男性でもっとも多くみられる症状であり(ほかの診療科も含めたあらゆる訴えの中での一位です!😲)、女性では 2 番目に多いとされます。肩こりは女性の症状でもっとも多く,男性では 2 番目に多い症状となっています。

特にここ数年で問題となっている背景は,長時間のスマホやディスプレイの凝視・作業(ゲーム・動画、リモートワークでのPC作業)という現代人ならではのライススタイルが大きく関係しています。特に2020年初旬よりCOVID‒19(新型コロナウイルス) のために新たな生活習慣の強制を余儀なくされており、ますます運動不足、筋肉の血流不全が起こりやすい社会情勢となっています。

ITを用いたテレワークなどの仕事・教育の導入も加速していることから鑑みると、肩こり・腰痛の人口当たり患者数は増加の一途をたどるであろうことは容易に予想されます。

肩こりの原因

 昨今のコロナウイルスによる生活環境の変化、テレワークにより、パソコン・ディスプレイの前で長時間過ごすことが増えており、肩こりを自覚する方も増えています。同じ作業姿勢(首を前に突き出す、両肩をすぼめる、猫背になる)を取り続けることによって、血行が悪くなって発症します。

加えて、パソコン作業による眼精疲労からも肩こりを悪化させる要因となります。

肩こりの原因になりやすい筋肉は、僧帽筋、肩甲挙筋、菱形筋(大菱形筋、小菱形筋)、胸鎖乳突筋があげられます。

肩こりの原因となりやすい筋肉(体の後面)、僧帽筋、肩甲挙筋、菱形筋
肩こりの原因となりやすい筋肉(体の後面)
肩こりの原因となりやすい筋肉(体の前面)胸鎖乳突筋
肩こりの原因となりやすい筋肉(体の前面)

Copyright:(19) Pinterest, Muscles Of The Shoulder: Anatomy,

Function & Common Injuries (shoulder-pain-explained.com)

肩こりの要因は多岐にわたります。運動不足、生活習慣、長時間のPC作業、パソコンなどの VDT(visual display terminals)作業に関連があるといわれますが、一概に原因を特定することは難しいのが現状です。

肩こりによる疼痛は罹病期間と中等度の相関があることが知られています。

言い換えると、「症状が長引くほど、より痛みを感じやすくなってしまう」ということになります。

肩こりと筋肉の硬さ(筋硬直・筋硬度)は関係があるという報告、明らかな相関関係を認めないという報告が混在しており一定の結論は得られていません。

また肩こりは性別との関連も報告されており、女性は男性に比べ肩こりの症状が強くなる傾向があるとされており、精神的ストレスや体の状態と相関している可能性が示唆されています。それに加えて、女性は僧帽筋などの筋肉内の酸素飽和度や疼痛の閾値が低く、男性よりもストレスや不安を感じやすいことから僧帽筋内の血流不全を生じやすいことが症状と関連していると推測されます。

肩こりと発痛物質

肩こりの 症状が長引くと、肩こり部位(僧帽筋などの筋肉内)において慢性的な血流不全・循環障害(阻血)が起こります。局所の血流量が減少し、筋肉をはじめとする組織の阻血がおこると低酸素状態に陥った筋からさまざまな痛みの原因となる代謝産物:発痛物質(ブラジキニン、ヒスタミン、セロトニン、プロスタグランジン)が生成され、知覚神経に対して脊髄への刺激が続くという痛みの悪循環が形成されることが症状が長引く一要因であると考えられています。

精神的ストレスは肩こりの原因となる

また肩こりも腰痛と同様に精神的ストレス、職場での対人関係のストレスとの関連を示す報告があります。一概にストレスそのものが肩こりの原因とは断定できませんが少なくとも症状を増悪させる一つの要因になっている可能性はあると考えられています。

肩こりの検査

PC作業を長時間行うことが多いか、同じ姿勢で作業することが多いか、眼精疲労がないか(肩こり、頚部痛、頭痛を引き起こすため)は必ず医師が問診すべき事柄の一つです。

レントゲンで頚部、肩関節部、背部の骨、関節の形態異常がないかを確認することも重要です

腕や手のしびれを伴う場合はMRIが必要となることがあります

肩こりの治療

肩こりの治療として医学的確立した一定の治療方針はありません。

猫背でのPC、スマホ使用を避けるなどの生活習慣の改善、僧帽筋をはじめとする筋肉のストレッチ、筋力訓練などを組み合わせて行うことが推奨されてします。当院の理学療法士は豊富な筋肉の解剖知識をもとに、体を痛めにくいストレッチ、筋トレを通じて筋肉の血流改善方法を指導することが可能です。

心理社会的ストレスが自律神経系を介して症状を悪化させていると考えられるため、各々のストレスの解消方法を模索・確立しておくことも重要です。

参考文献)

汐田まどか, 小児内科 Vol. 53 No. 5, 2021.

第一三共、筋肉痛の原因、筋肉痛の症状・原因|くすりと健康の情報局 (daiichisankyo-hc.co.jp)

慢性疼痛ガイドライン

Information      連絡先

06-6396-1374           

お電話でのご予約はできません。